■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

多職種連携講演会
3月1日、歯科医師会主催の多職種連携公演に参加してきました。テーマは「オーラルフレイルと摂食嚥下訓練の実際」です。講師は新潟医療福祉大学教授で言語聴覚士の西尾正輝先生と、東京医科歯科大学准教授の戸原玄先生です。

高齢になると体の筋力が衰えるように、食べたり飲んだりする時の口やその周囲の筋力も低下し、それが誤嚥性肺炎につながるといわれています。その対策として摂食嚥下訓練が必要です。私たち歯科医院が携われることもありますが、それ以上に地域の病院の先生や言語聴覚士、介護士や看護師など他の職種と連携し早期に診断し治療・訓練することが大切です。

多職種連携

高齢になっても美味しく、安全に食事ができるよう私たちもサポートしていきたいです。



未分類 | 07:35:04
より働きやすい環境づくりのために
医療法人社団 高歯会では、スタッフがより働きやすい環境づくりのために以下の行動計画を実施してまいります。



 医療法人高歯会 一般事業主 行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成30年 4月 1日~平成33年 3月31日までの 3年間

2.内容

目標1:勤務スタッフの子に対し職場見学を実施する
<対策>
 ●平成 30 年 4 月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
 

目標2: 母性健康管理パンフレットを作成し、スタッフに周知する
<対策>
 ●平成 30年  4月~ 社員へのアンケート調査、検討開始


目標3:子の看護休暇年間5日間のうち、2日間を有休取得に代用する
<対策>
 ●平成 30 年 4 月~ 就業規則に制定、周知する


目標4:子の看護休暇の対象年齢を小学校3年生就学前に引き上げる
<対策>
 ●平成 30 年 4 月~ 就業規則に制定、周知する

理事長  東 高士

お知らせ | 11:37:22
オーラルケアセミナーに参加してまいりました
3月18日 口腔内から患者さんの健康を守っていくためのオーラルケアセミナーに参加してまいりました。

みなさんは何歳ごろから歯医者に行きはじめたか覚えてらっしゃいますか?
また、お子さんをおもちの方は、はじめて歯医者に連れて行ったのはどれくらいの時期だったでしょうか?

残念ながら歯科医院を受診するのは、まだまだ多くの方が痛みや違和感などの不具合が出たときかと思います。
不具合がある・・・ということは何らかの処置が既に必要なことがほとんどです。
歯医者は治療するところでもありますが、その前に、日々元気に過ごすための「食」の入り口である、お口の中の健康を維持し、みなさんと一緒に管理する場所でもあります。
できればみなさんにとって、後者が本来の歯科医院のあり方であってほしいと考えます。

今回のセミナーでは、-1歳から乳幼児期までの期間に必要な知識や、骨の成長を通して咬合を読み解く知識、患者さんへご案内するセルフケアグッズの応用方法等を学んできました。

 お口の中の健康を保つためには、日々のセルフケアと合わせて、定期的な歯科受診でのメインテナンス(プロケア)が大切です。どんなに毎日きちんと歯磨きしていても、セルフケアだけでは賄えない部分がどうしてもあります。それを私たちお口の中のプロが補っていきます。毎日の生活のなかで、お口の中を含め、体には様々な変化があり、定期的に検診にいらしていただくことで、その時々に応じたプロケアを行い、また毎日のセルフケアのアドバイスもさせていただくことができるのです。
みなさんの健康は、ご自身のセルフケアと定期受診のプロケアの二人三脚でしっかり守っていくことができます。

そこで、小さなお子さんをおもちの親御さんにお願いがあります。
歯医者を怖いところ、痛いことをするところにしないでいただきたいのです。
そのためにも小さいころからの定期受診は必須です。
痛くなってからの受診では、治療からスタートすることになり、歯医者は歯を削るところ・・・という負のイメージが残ります。
市町村からお知らせが来る、1歳6か月検診では、すでにほとんどの乳歯がはえてきている時期です。
できればその前から一緒にお口の中の変化、お子さんの成長を一緒に見守らせていただきたい!!と切に願います。

最後にもう一度。
体の健康を保つためには、「食」の入り口であるお口の中の健康が大切です。
生活医療費は「歯」で決まるともいわれています。
これからも、みなさんのお口の中の健康を守るお手伝いをさせていただくための様々な情報を発信していけるよう精進してまいります。
ぜひ、定期的に歯科検診にいらしてください。
そして気になることがありましたら何でもご相談ください。

3月18日セミナー

今回のセミナーで講義いただいた先生方と一緒に
(佐藤竜樹先生・スタッフ・中原維浩先生・上野清香先生)

受付 櫻井










研修・勉強会 | 14:51:03
前のページ 次のページ

FC2Ad