FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

インスペクトコース.3

こんにちは、技工士の菊地です。
9月17日、鵜頭先生と勉強会に参加してきました。
今回はインスペクトコースの3回目です。

基本検査のスタディモデルについて学びました。

スタディモデルを作製するにあたり準備物があります。
上下の既製トレー、印象材、石膏などです。
これらを準備した上で臨みます。

まず患者さんの口腔内に既製トレーを試適し、歯列に合わせていきます。

スタディモデルを作製するにあたり大切なことは
患者さんの歯列にトレーを合わせること
印象材の量を多すぎず少なすぎず、患者さんの口腔内にあった量にすること
印象採得の際に術者が動かないこと
汚染対策をすること
印象材と石膏の混水比を正確に測ること
印象面に付いた水をなくすこと
石膏硬化後、トレーの周りの印象材→トレー→印象材の順に模型を印象材から外すことです。
これらを守りスタディモデルを作製し、検査に移ります。

写真は印象採得をしているところです。

1442503140237.jpg

中村先生は三分間動かずに印象採得されていました。
印象に石膏を注ぐときも混水比を守り、石膏の量も適量で素早く作業していました。

石膏の作業は技工士が関わってくるので今回学んだことを吸収し、今後の仕事につなげていきたいと思います。



お昼はPARIYAさんの日替わりメニューでした!

1442503143942.jpg


技工士 菊地

スポンサーサイト





未分類 | 20:28:17