FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

9月 ほんまるの患者様のことを考える会
9/11(水)17:30より院内研修を行いました。
今回は、歯科材料メーカーの方にお越しいただき
合着剤、スーパーボンドの成分や、より効果的な使用法、器材などについて学びました。
新しく混和法シリンジを導入したことで、患者様にとって、処置時間の短縮や不快な臭い軽減など、より負担を少なくできるので有意義な講義となりました。




続いて、8月中にセミナーに参加したスタッフによるセミナー報告がありました。
洗口剤セミナー
ホワイトニングセミナー
歯科助手認定セミナー
感染管理セミナー

ほんまるのスタッフは熱心で前向きな人ばかりですごいです♡

その他、8月の振り返りやスタッフから集めた
9月協議代について話し合いました。

患者様には診療時間を短縮させていただき、ご迷惑をおかけいたしましたが、今月も意義の大きな勉強会を開くことができました。
ありがとうございました。


歯科衛生士 山田






スポンサーサイト



研修・勉強会 | 15:09:24
東京医科歯科大学学生講義2019
今年も東京医科歯科大学大学4年生の学生講義に行ってきました!

講義テーマは、PDCAと第2領域、EBM (Evidence Based medicine)、人口減と高齢化社会が歯科開業医に与える影響について、話してきました。
2学期が始まったばかりか、学生も気合十分で聞いてくれていました。
患者の役にたつ歯科医師になってくれることを期待しています!

thumbnail_S__23265294.jpg


thumbnail_S__23265290.jpg


歯科医師 東


未分類 | 11:58:26
Invisalign Go Forum
9月1日Invisalign Go Forum に参加してきました。

インビザラインとは世界で最もシェアを占めるマウスピース矯正です。

そのため、演者の先生も過半数が海外の先生でした。

セミナー

しかし、使っているツールは同じなため、行われている基本治療は同じで、とても身近に感じることができました。これは、インビザラインのマウスピース矯正が光学印象から始まるデジタル治療であり、患者データが膨大に集まり、そのため予測可能で実現性の高い治療につながっているからだと感じました。そして世界への拡散の早さにもつながっているのだと思いました。



インビザラインGoの矯正治療は型取りが光学印象で、治療前に治療後のイメージを患者さんと共有できたりと新しい技術が詰まった治療です。興味のある方はぜひスタッフにお声がけください。

thumbnail_IMG_1880 2

Dr大竹

未分類 | 09:22:11
歯科感染管理者セミナーに参加してきました
9月1日(日)に歯科感染管理者セミナーに参加してきました。
このセミナーは今年3月に取得した第2種歯科感染管理者の資格更新に必要なポイント取得のためのセミナーです。

 今回のセミナーでは、感染予防として使用するマスクやグローブの規格について、標準予防策(スタンダードプリコーション)の確認、消毒・洗浄・滅菌工程の確認、使用する薬剤について等の講義が行われました。

 肝炎等、感染症の既往歴がある患者様へのアンケートで、歯科医院を受診した際に病歴の申告をしたか否かのアンケートで、申告をしなかった患者様の理由として、「聞かれなかった」という回答が半数以上あること、また、受診した患者様の既往歴の申告状況と、実際の既往歴(現病歴)に誤差があり、その理由として、罹患していることに気付いていない、が多く含まれていたという結果が報告されているそうです。
それを踏まえて、標準予防策(スタンダードプリコーション)は、全ての患者の血液・体液・(汗を除く)分泌物、排泄物は、感染の可能性のある物質として対応する、としています。
感染症に罹患している患者様だけでなく、全ての患者様に同じような洗浄・消毒・滅菌作業を行うことにより、例え患者様から申告がなかったとしても、使用器材や医療従事者を介しての交差感染を防ぐことができます。

 今回のセミナーでは、消毒・洗浄、それぞれの工程で、正しく薬剤を使い分けて使用することも学びました。実習では実際に、参加者の口腔粘膜にミラーを擦り付け、しばらく放置、乾燥させたのち、ミラーについている汚れを薬液で青く可視化してから、水と医療用洗浄剤にしばらく浸漬したものを比較しました。
20190901セミナー実習
右が医療用洗浄剤で左が水のみです。
浸漬しておくだけでも医療用洗浄剤が入っている方が明らかに青色が落ちているのが分かります。
消毒や洗浄の際、その用途に合わせた薬剤を使用することで効率良く作業を行うことができます。
また、治療の際に使用しているマスクやグローブも色々なメーカーがあり、その中で医療用としての規格基準に沿っていないものもあることが分かりました。
標準予防策は、患者様と医療従事者双方を感染から守るためのものなので、医院で使用している感染予防消耗品についても確認をして行きたいと思います。

今後も歯科感染管理者セミナーに随時参加をして、新しい情報を取得し、患者様に安心して通院していただける環境を整えていきたいと思います。
歯科衛生士 櫻井


研修・勉強会 | 08:50:09