FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「日本補綴歯科学会東京支部第20回学術大会参加」
「日本補綴歯科学会東京支部第20回学術大会参加」




9月24日(土曜日)日本歯科大学で開催された日本補綴歯科学会東京支部第20回学術大会に歯科技工士の高橋と参加してきました。

特別講演の「治療用義歯を用いた総義歯治療」および、生涯学習セミナーの「保険導入された舌圧検査」を聴いてきました。

咀嚼困難に対する義歯治療においては歯科技工士との連携が欠かせません。

また患者さんからの食事などのお困り具合を拝聴できるスタッフがいることで、患者さんに装着する義歯が人工臓器として機能を発揮します。

今までの歯科治療は「義歯を装着しておしまい」、でいいとされていました。

しかしながら近年「口腔の健康と有病者率に関係がある」というデータが提示されてから、「機能回復までを管理しなさい」、という流れに変わっていました。

当院の義歯やかぶせものを装着することで、「患者さんの咀嚼障害が解消できるようにしていきたい」、と考えています。

ブログ用画像補綴学会





歯科医師 東

スポンサーサイト
研修・勉強会 | 14:47:46
「第46回日本口腔インプラント学会参加」
9月16日に名古屋で開催された、「第46回日本口腔インプラント学会」に参加してきました。

専門医講習会では「骨吸収抑制薬を使用中の患者に対する歯科治療〜インプラントも含めて〜」がテーマでした。

近年ビスホスホネート服用による副作用として難治性の骨露出を特徴とするBRONJが報告されています。

さらに多くの症例から、実は骨粗鬆薬以外の薬でも同様の症状を発症することが報告されてきました。

先月の歯科医師会でも同じテーマで講演があり、歯科界で大きな話題となっている疾患です。

演者は兵庫医科大学の岸本先生で、まだ全容が解明されていない中で、わかりやすく講演していらっしゃいました。

医療連携を強めていく歯科界の流れに沿って、

.「予防的休薬は患者および担当医師と情報連携をとって行うこと」

.「抜歯しないことで感染を長引かせることも一つのリスクファクターとなりうる」

とデータを提示しながら解説していただきました。

当院も地域連携病院先が多いですが、患者様の病状や利便性なども考慮に入れて、より安全なインプラント治療、外科処置を行っていく必要があると学びました。


インプラント学会





歯科医師 東

研修・勉強会 | 14:25:25
こんにちは、ほんまる歯科医院助手の石嶋です。

今回、9月14日(水)にリニューアルしてから初めてのミーティングが行われました。

DSCF1422.jpg

DSCF1423.jpg



初めに、「緊急事態 歯科診療室でこんな時どうする?DVDで学ぶ良い対応、悪い対応」
というDVDを医院全員で学びました。
いざという時の患者様への対応、やはり歯科というとどうしても足が遠のいてしまう医療機関の一つだと思われます。
なので、とても緊張されてる方はたくさんいらっしゃると思われます。
その中で、ご気分が悪くなってしまわれたりする方もいるという事を前提に私たち医療に携わっている者達は冷静な判断力を持ち
行動をするという事の大切さ、患者様を守るという当たり前の事を再確認出来た一つでした。

その後は、リニューアルしてからの反省点などを医院全員で話し合い今後のほんまる歯科医院のさらなる向上心を上げていく
という事を話し合いました。

このような貴重なお時間を頂けました事を患者様方々には大変感謝しております。
リニューアルしてから色々と不手際があったりとなどご迷惑をお掛けしているとは思われます。
しかし、患者様への信頼は絶対に裏切らないという事は今も昔も変わっておりません。
これからもほんまる歯科医院を宜しくお願い致します。

ほんまる歯科医院助手 石嶋

未分類 | 13:36:21

FC2Ad