FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Inspect 5回目
こんにちは。歯科医師の鵜頭です。
今回、品川でインスペクト5回目の勉強会に参加して来ました。

今回も追加検査1
インディケーターワックスによる検査。
ストッピングによる検査。
シリコーンブラック法、ブルーシリコーンを用いたバイトアイ咬合分析。
VAS法。
食品アンケートによる咀嚼能力難易度検査。
DePROSによる咬合力測定検査。

追加検査2
咬合器装着による検査。と大量でした。

毎回、診断には様々な検査が必要、しかしすべての患者さんにすべての検査をおこなう訳ではなく、その患者さんに必要な検査を選別しなければならない。しかもこんなにも大量な種類の検査の中から……。
そのためにはすべての検査のわかること、わからないこと、を理解し患者さんににもわかってもらう必要があると実感しました。

まだ、追加検査2に入ったばかりです。
まだまだ検査の種類はあります。来月も頑張ってきます。

            歯科医師  鵜頭英太

スポンサーサイト
未分類 | 07:54:27
インスペクトコース.6
こんにちは、技工士の菊地です
11月19日品川でインスペクトの第6回目が行われました。

今回は追加検査1と追加検査2を教わりました。

追加検査1では
患者様の噛んでいる中心を調べる検査や
噛む力の最大の力がどれくらいなのか調べる検査、
噛めてる範囲を調べる検査などを教わりました。

sirikon.jpg


追加検査2とは患者様に若干の苦痛と術者に手間のかかる検査です。
追加検査2では
フェイスボウという道具を使って患者様の模型を咬合器に装着し、歯列の傾きやいつもどこで噛んでいるのか確認する検査を教わりました。
この検査は模型の装着があります。これには少し時間がかかるので患者様には次回来院された際に検査の結果が伝えられます。

今回教わった検査では消毒も徹底していました。
一度口腔内に入ったものは汚染物になります
それを除菌、消毒をしてから作業したり、保管したりするのです。
その点でまだ出来ていない所があるのでこれから徹底していきたいと思います。


お昼ご飯はタコライスでした!
takoraisu.jpg


技工士 菊地

未分類 | 01:10:52
2015全都講習会 at 昭和大学
昭和大学で開催された全都講習会「最新メタルレス・デジタルデンティストリー」に技工士の高橋、長羽&漆原先生と参加してきました。

P1100710.jpg


学生時代の実習講師だった昭和大学の馬場教授が講演され、歯科医療におけるデジタル化のメリットに関して学ぶことができました。

私も何度か見学させていただいたのですが、昭和大学の歯科技工部は私の知る限りDigital Dentistryの最先端の技術と設備を有していると思います。

P1100836.jpg


馬場教授のおかげで現時点で患者さんに還元効果の高い機器が選別できるようになりました。

歯科のデジタル化は患者さんには型取り時の負担軽減、使用材料のtraceabilityの徹底など安全・安心の歯科医療の提供に直接的に関わってくると考えています。

設備導入までもうしばらくお待ち下さい。

歯科医師 東

未分類 | 13:02:33
インプラントカード
こんにちは。

ほんまる歯科医院ではインプラント治療をされた患者様にインプラントカードをお渡ししています。

DSCF0962.jpg

このカードは日本口腔インプラント学会指定のカードで、インプラントの埋入日、装着日、メーカー名、直径・長さなどを記録することができます。
使用しているインプラントを患者さん自身にお伝えすることで歯科医療のTraceabilityを高めることになります。
患者様に安心してインプラント治療を受けていただくことで、より一層食生活を楽しんでいただけたら、と願っています。

ほんまる歯科医院 スタッフ一同







未分類 | 17:12:12
院内ミーティング
 まずは、セミナーに参加したスタッフからの受講内容の報告からスタート。
歯科助手認定講座や早期管理型治療についてなど、毎月、様々なセミナーに各スタッフが参加しています。
受講したスタッフからの報告により、参加していないスタッフも色々な情報を共有することが出来ます。(各受講内容は別途ブログに掲載されています)

 次に、前回のミーティングでグループワークにより「気になること」を収集しましたが、
さらに今回のミーティングまでにスタッフ全員で話合いたい課題を募りました。
それをもとにすぐに改善できること、予算や時間を要すること等、仕分けをしていきました。
患者様の診療データである模型(歯型)の管理方法や歯科器材の増設、診療室の環境などについて様々な意見が出ました。
キッズスペースのおもちゃや絵本等で破損が目立つものは、今後徐々に入替をしていく予定です。
お子様の絵本等、おすすめや置いて欲しいものがありましたら参考にさせていただきたいのでぜひお声がけ下さい。

今後も、定期的に院内ミーティングを行っていく予定です。
ミーティング当日は診療時間短縮等ご迷惑をおかけいたしますが、患者様に快い空間で、ご満足頂ける医療を提供していけるよう努めてまいりますので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

受付 櫻井

未分類 | 20:15:57
次のページ

FC2Ad