FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

歯科助手認定講習会(第5回)
 8月20日、歯科助手認定講習会の第5回めに参加してきました。

 今回は、大宮歯科医師会館の会場で、染め出し・ブラッシングと歯科材料の取り扱いについて講義と実習を受けました。


GetAttachment[1]



 午前の部の講義では、ブラッシングの基礎知識として、ブラッシングの目的、歯ブラシの選び方と保管方法、歯磨き剤に含まれる成分などについて学びました。

 歯ブラシは、歯の汚れに届きやすく、かつ衛生的に保つことができる形態であることが大切です。

 歯ブラシの形態は、

・毛の束は縦に5~6束、横に2~3列(毛が多すぎると水切れが悪い)

・毛の刈り込み状態は、毛の長さがすべて同じ平切り型のもの(歯の表面の汚れが落ちやすい)

・人工毛(動物の毛を使った自然毛よりも硬さが安定しており、乾きやすい)

・持ち手はプラスチック(木製のものより衛生的)

であるものが望ましいということです。

 使用後の歯ブラシは強い水流で洗い、風通しの良いところに置いて、常に乾燥させておく必要があります。湿気のある場所に置いておくと、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 また、磨くときに「ゴシゴシ」と音がするのは力のかけ過ぎであり、かえって歯によくないというお話をしていただきました。適性な歯磨き圧は、300gほどであるといわれています。

 午後の部は、染め出し・ブラッシングと歯科材料の実習を受けました。

GetAttachment[1] (2)


 染め出し剤の形状には、錠剤・液剤・ジェル剤のものがありますが、今回は錠剤を使って、自分の歯のどういうところに磨き残しがあるか各自鏡を見ながら確認していきました。

 今回の講義では、歯科助手の仕事に役立つ知識だけではなく、自分自身の歯を健康に保つためのブラッシング知識も身につけることができました。

 今回は第5回めということで、全10回の講習会の折り返し地点になります。

 残り5回の講習を1回1回大切にし、学んだことをどんどん吸収していけるよう頑張りたいと思います。


 
DA    大屋
 


スポンサーサイト
未分類 | 13:50:37
インスペクトコース.2
8月20日品川で修練会のインスペクトコースに鵜頭先生と参加してきました。

今回は、基礎検査を勉強しました。

基礎検査とは写真撮影(顔貌、口腔内)、X線写真、歯周検査、スタディモデルなどの検査です。
この検査は必ずと言っていいほど最初に行う検査です。

そして大体のケースがこの検査することにより歯が痛いなどの原因がわかるそうです。

この検査だけでは原因がわからないケースになると
更に別の検査が必要になってきます。


このセミナーでは最終的に検査のガイドブックを作成することが目的です。

検査の目的、注意点、わかること、わからないことなどを記載します。

レントゲン撮影などの検査をする際に何のために撮影するのか目的がはっきりしていないとやりたくないですよね。
患者さんにも検査をする目的を知ってもらうことも大切な事だとわかりました。


次回から少しずつ作成し、中村先生にチェックしていただきたいと思います。
他の人が読んでも分かりやすいガイドブックを作れるように頑張ります!

お昼ごはんはささみかつ弁当でした!
1440217298779.jpg


DT菊地

未分類 | 13:33:36
Inspect 2回目
みなさんこんにちは。歯科医師の鵜頭です。
今回はINSPECT2回目にDT菊池と参加して来ました。

今回は治療に進むのに必要な検査とは?
その検査でわかること、わからないことは?
という内容でした。

例えば、レントゲンの撮影です。私達のように歯科に関係している人は、齲蝕や根の状態、周りの骨の状態を確認する目的(撮って当たり前という感覚)でレントゲンを撮影しますが、果たしてレントゲン撮影の目的を確実に理解している患者さんはどれだけいるのでしょうか?
時々レントゲンを拒否する患者さんはなぜいるのでしょうか?

やはりそれは撮影する目的を理解してないからです。
なぜここで撮影が必要なのか、虫歯の深さを確認したいから?歯根の周囲骨の状態を確認したいから?根尖病巣を確認したいから?またそれにより何が分かり、どんな治療になるのかそれを明確にすることでレントゲン撮影を拒否する患者さんはいなくなるはずです。

このように当たり前と思っていても、実は目的がわからないまま、色々な検査を受けている患者さんは少なくないはずです。
ですから、これからは検査の目的を説明、理解していただいたうえで、納得していただき治療に専念していけたらと思っています。


未分類 | 08:08:20
Kavo社のCAD/CAMシステムユーザーセミナー‏
8月9日、Kavo社のCAD/CAMシステムユーザーセミナーに参加してきました。
目的はドイツにあるKavo社の技術責任者であるH.Walter Lang氏の講演を聞くことです。


ブログ



患者さんのかぶせ物をつくる上で、患者さんの口の中の情報と、実際にかぶせ物などを作る装置の情報をなるべく一致させる必要があります。

そうすることで精度の高い、かみごこちの良いかぶせ物をお口の中に装着することが可能になります。当院ではかぶせ物を装着する時に他の歯科医院に比べて、ほとんど調整していないことに気づいている患者さんがいるかもしれません。


ブログ②


CAD/CAMは今までは歯科技工士が作製してきたかぶせ物をコンピューター上で設計して作製するシステムです。

その2つの情報を一致させるために、当院ではKavo transfer systemを使用しているのですが、その技術責任者の考えを直接聴くことができるということで楽しみに参加してきました。

Kavo transfer systemを使うことで「患者さんの機能と調和したかぶせ物が装着できるということ、そのためには正しい計測と正しい位置決めが重要で、kavo社のCADCAMではそれらを精確に行うことができる」とお話されていました。

Lang氏の講演は1992年の開発当初から将来の展望まで及び、非常に示唆に富んだものでした。今後の臨床にも活かせていけるようにしていきたいと思いました。


ブログ3


歯科医師 東



未分類 | 16:28:43
歯科助手認定講習会(第四回)
 8月6日に行われた歯科助手認定講習会の第四回めに参加してきました。

 今回は、シリコン・セメント・アルジネートの扱い方を、講義と実習を通して学びました。

 講義のはじめに、歯科材料はなぜ正しい使用方法を守る必要があるのか、その意義について講師の方からお話をしていただきました。

 歯科材料は、成分的には一般的な工業用材料とあまり変わらない部分も少なくないといいます。

 大きな違いとして挙げられるのが、材料を使用する環境です。

 工業用材料が主に外気の下で使用されるのに対し、歯科材料は口腔内という特殊な環境下で使用されます。

 口腔内は、唾液によって常に高湿度状態にあり、700種類以上の細菌が取り巻いている環境でもあります。

 また、ときには非常に大きな咬交圧が加わることもあります。(咬合圧とは、上下の歯を噛み合わせる際に加わる力のことをいいます)

 このような環境にある口腔内で歯科材料を使用するには、正しい使用方法でなければその性能を十分に発揮することができなくなってしまいます。

 歯科材料ごとの特性をよく理解し、正しい手順と操作で使用することが重要になります。

 午前の部ではこれらをふまえ、印象材・石膏・セメントについて、用途と種類、取り扱い方法について詳しく講義をしていただきました。


2015080901361865a.jpg



 午前の部の後半からは、実践練習を行いました。

 個人トレーの作成や、シリコーン印象材による連合印象、ガラス練板を使用したリン酸亜鉛セメントの練和など、はじめて体験することばかりで、大変面白く、勉強になりました。

 アルジネートのコーナーでは、全額トレーで連合印象したものに石膏を注ぐところまで、一通りの流れを体験することができました。

2015080901383074d.jpg



 今回の講義では、様々な種類の歯科材料に触れ、その特性について学ぶことができました。

 歯科材料の扱いの難しさは、精度や強度が見た目だけでは判断しにくいことにあるのだと感じました。

 自分の感覚に頼るのではなく、決められたやり方通りに使用することを、しっかりと心がけていきたいと思います。



DA  大屋

未分類 | 01:42:26
次のページ

FC2Ad