■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ポリリンプラチナホワイトニング
今回、ほんまる歯科医院でオフィスホワイト二ングを導入するべく、昨今話題沸騰中の「ポリリンプラチナホワイト二ング」のセミナーに参加して参りました。

分割ポリリン酸とは、、、
DNAは4つの塩基が二重になり、リンにより連結され、損傷した時にコピーできるように、元々コピーする力を持っています。これを応用し、リンが連結し、最もマイナスイオンを凝縮させた状態を分割ポリリン酸といいます。
生体全てに存在しているリンですので、とても安全です。
医科でも美容でも、ポリリン酸は最注目されています。昨今話題のIPS細胞は初期化細胞で、何にでもなれます。しかし、分化していくと、それしかできなくなります。その目隠しを取ったのがDr.山中のIPS細胞です。
しかし例えば肝臓などにIPS細胞のみを注入した場合、単体では細胞増殖のコントロールができません。
そこでIPS細胞にポリリンを組み合わせることで正常に分化していくという研究が進んでいます。
DNAは設計図、ポリリンは大工さん、といったところでしょうか。
ホワイト二ングは骨再生医療から生まれた副産物です。ホワイト二ング効果が顕著であると共に、歯肉の炎症の緩和、歯槽骨の再生、治癒促進の研究成果が挙げられているほか、歯質強化、歯周病菌の死滅、再石灰化、コーティング作用など、ポリリンはまさに画期的と言えます。

従来のホワイト二ングと作用が異なり、歯をコーティングしながら強く白くしていきます。
コーティングするため、凍みはほとんどありません。
後戻りや色素沈着しにくく、ホワイト二ング中の食事制限もありません。
色調も輝くような透明感あふれる素敵な白になるのも大きな特徴です。
オフィスホワイト二ングと合わせてホームホワイト二ングや専用歯磨き粉もご用意していきます。
後日、費用や臨床例などを紹介する、ポリリン第二版をご報告しますので、お楽しみに。

歯科衛生士 山田

スポンサーサイト
未分類 | 18:26:32
IWAKIRI SYSTEM DHスペシャリスト 育成コース
こんにちは!
ほんまる歯科 衛生士佐藤です。

先日4回目の岩切セミナーに参加してきました!

本日はキュレッタージ(歯石をお取りして歯面を滑沢にすることです)の習得と
口腔内の写真撮影を行いました。

GetAttachment[1]


歯周治療を成功に導くためには
ご自宅で行うブラッシングにより
プラーク(細菌)をコントロールすることがとても大切ですが、
歯石を除去し歯の面をツルツルにしてあげることで汚れの付着、沈着を防いであげることも重要です。


そのため今回の実習でも
徹底的にキュレッタージの手技をトレーニングしました。


歯の模型で固定をおく位置や操作角度、ポジションを確認しつつ
相互実習では実際の口腔内を使い、
スムーズに行えているか
痛みを与えてしまったり
不安にさせてしまうような要素はないかなどを確認しました。



そして患者役になる相互実習では
患者様の身になり体験することで今までよりも
より慎重になり少しでもご負担が少なく済むよう
スムーズな施術を心がけるようになりました。

これからも患者様の立場で感じる心を大切にしつつ
より確かな技術を患者様に提供していけるよう頑張りたいと思います。


DH佐藤




未分類 | 13:38:40
IWAKIRI SYSTEM DHスペシャリスト 育成コース
こんにちは。
ほんまる歯科衛生士佐藤です。

先日3回目になる岩切セミナーに参加してきました!
今回はブラッシングとキュレッタージ(デブライドメント)を学びました。
GetAttachment[1]


ブラッシングは虫歯予防だけでなく歯周病治療の基礎にあたります。

歯石をとったあとも歯は毎日使いますので歯と歯茎の間のポケットには
少しずつ汚れがたまっていきますので健康な状態を保つためには定期的なクリーニングとご自宅でのブラッシングケアが重要になってきます!

正しい道具で正しい磨き方をクリーニングと並行して行うことで歯をより長持ちさせることができるので歯磨きに自信がない方もそうでもない方もまずブラッシングの方法をクリーニングの際ご質問ください。

生活環境や生活習慣など考慮しながら患者様にあった方法を選ばせていただきます!

さてここで健康な歯肉の条件についてお話しいたします。

1.ポケットの深さが2~3ミリ
2.歯茎の検査時やブラッシング時、出血がない
3.歯茎の検査時やブラッシング時、痛みがない

この3つが条件になります。

患者様が一人一人違うように歯肉や
炎症の状態も様々ですが一人一人の患者様とコミュニケーションをとりながら、丁寧に行いますので
「少し怖いわ..」
という方もぜひご安心ください。

今日からまた日々
技術の向上を目指して頑張ります!


DH佐藤

未分類 | 16:29:14

FC2Ad