FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1st Sinus Symposium 耳鼻科医と歯科医のコラボレーション


11月3日に東京医科歯科大学にて行われたインプラント治療の分野における上顎臼歯部骨造成術(サイナスフロアベーション)についての勉強会に参加して参りました。



ブログ



サイナスフロアベーションとは上顎の臼歯部に骨が不足している方の場合、上顎洞という奥歯の上方に位置する空洞の下部粘膜を押し上げ骨補塡材を入れることにより骨の高さを獲得するという術式のことです。




インプラント治療というと歯を失った部位に人工的な歯根を埋めて歯を植立し噛めるようになるという便利な治療というイメージがあるかもしれません。しかし、その反面リスクがあることも忘れてはいけません。

今回のテーマである、『サイナスフロアベーション』の合併症として『上顎洞炎』を引き起こすケースがあります。これは上顎臼歯部にサイナスフロアベーションを施術する際に、上に記した上顎洞の粘膜に穴があいてしまうことにより感染が起こり上顎洞に膿が溜まってしまう病気です。残念ながら上顎洞炎になってしまった場合の対処法として薬物療法や耳鼻科的治療が必要になることもあります。



今回の勉強会を通じてインプラント治療に限らず、これらのリスクを最小限にすることがとても大切であると改めて痛感しました。当院では、その為に全ての治療において『診査』、『診断』を行うことを若手医師からベテラン医師まで徹底し、併せて口腔外科医、矯正医、歯科衛生士、歯科技工士という専門家と連携を計ることでさらに高度な『診断』を行える環境があります。そうすることがリスクを最小限に抑え、果ては患者さんの安全と安心に繋がることだからです。これらを第一にこれからも日々勉強し、皆様に還元できるように努力していきたいと思います。



歯科医師 藤原 清俊




スポンサーサイト



未分類 | 16:57:11
2013年、修練会総会。
こんにちは、歯科医師の鵜頭です。
先日2013年修練会総会に参加してきました。
今年のテーマは(主機能部位に注目する!?)でした。

前半は、学会での症例発表報告や、歯科雑誌面に掲載された発表の
詳しい解説などがメインで、その時では知り得なかった院内の状態や
苦労したこと、など詳しく知ることができとても参考になりました。

後半は、主機能部位に注目することをメインにした発表やシンポジウム
が行われました。その中で主機能部位とは?主機能部位が消失したら、
何が起きて、どんな悪影響を及ぼすの?その悪影響は治るの?治すためには
どうすればいいの?結果はどういうものになったの?という様な疑問に対し
、各医院の症例を踏まえ、詳しい説明や、改善点などが発表されました。
またシンポジウムでは、現役の先生方の生の疑問や、考えを聞くことができ、
とても勉強になりました。

今回総会に参加させていただき、感じたことは、主機能部位の位置のズレにより
本当に色々な障害が生まれてきたんだな、ということ、またCRするにもただ詰める
という感覚で行うのではなく、もう少し主機能部位のことを頭に置きながら、治療
を進めていかなくてはいけないんだなということでした。
今回の総会を踏まえて、日々の診療に役立てていきたいと思います。

未分類 | 07:19:35