FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

インスペクト 4回目
どのくらいの固さの食品をどのくらいの時間で食べられますか?というアンケート方式の検査もあります。

「何の問題もなく食べることができますか?」という大雑把な質問を投げかけた時、「何でも食べられます」と答える方の中には、実は個人の主観がズレていることがあります。
例えば、
☆固くて噛みにくい食品を避けている場合。
☆細かく刻んだり汁物に漬けて柔らかく加工して食べている場合。
☆飲み物と一緒に丸飲みしている場合。
☆歯がない方は舌と上あごで潰して食べている場合。 など。

ちょっと胃に負担がかかりそうですね、、、

きちんと咀嚼できていないのに何とかして食べてしまっている状態で
「食べられます」ということもあるのです。
正しいデータがなければ検査は成立しないので、質問の仕方も絶妙に計算された方法で行います。

因みに、子供達の好きな食べ物は上位から、ハンバーグ、カレーライス、グラタンですが、別の視点から見ると、これらの食品に共通することは、さほど咬むことを必要としない食品、ということです。
もしかしたら固くて噛みにくい食品を避けているのではないでしょうか?
これは咀嚼筋の未発達による咀嚼障害と言えなくもない側面があります。
だからと言って、急にスルメやガムをいたずらに咬むのも、別の理由から(前回3回目参照)得策とは言えません。
ぽっちゃりと可愛いほっぺたも咀嚼筋の発達に伴ってシャープになってきます。
今、しっかりと食べられない方も、真の問題をあぶり出して退治することで、快適な食生活を手に入れましょう! !︎

歯科衛生士 山田 美雪



スポンサーサイト
未分類 | 15:22:03
NHKビジネストークセミナー
こんにちは。
ほんまる歯科医師の斉藤です。
20131010164436c31.jpg
先日、NHKで行われているビジネストークのセミナーに参加してきました。

このセミナーは、元アナウンサーとして活躍されていた方が講師です。
実際にビデオカメラの前で話し、それを元に人前で話すときのポイントを直接ご指導いただきました。
人前で話すだけでなく、カメラのにも撮られているとゆうことで、非常に緊張しました。また、ビデオを見返すことで、他人からどのように見られているかが、客観的に知ることができたので、とても良い体験となりました。
今回の体験を、患者さんとのコミュニケーションにも活かせればよいと思います。

斉藤


その他 | 17:15:53
大阪TPRセミナー
TPR.jpg

ほんまる歯科の技工士の芦田です。


今年もTPR(トリートメント&プロビジョナルレストレーション)
の実習に行ってきました。

私が勉強しているのは、
皆さんのなじみの深い言葉でいうと”仮歯”です。
仮歯は、本物の技工物が入るまでの”仮の歯”ですが、
目的によって仮歯の名前が変わってきます。


形成のガイドになる”インテリム”
噛みやすい位置を探すためのトリートメント”
決めた形で問題ないかみる”プロビジョナル”


私たち技工士と歯科医師にとっては確実に段階を踏んでいっていますが、
患者さんにとってはずっと仮歯という事になります。


しかし、しっかり段階を踏んでいかないと、
せっかく入れた最終補綴が壊れてしまったり、
補綴治療によって別の問題が起きてきたりしてしまう事があります。


義歯でも歯冠修復でも、最終技工物を入れるまで長い時間がかかる事もありますが、
噛み心地のよいかぶせ物をセットするには、仮歯の期間はほんとうに重要な時間です。


技工物製作は、患者さんと歯科医院の共同作業です。
ですから患者さんにも今どこまで治療が進んでいるのかを知っていただく必要があります。

そのために歯科医師、技工士、医院スタッフ共にこれからも技術を磨いていきますので、
良いものができるように一緒にがんばっていきましょう。



歯科技工士 芦田

未分類 | 19:56:20

FC2Ad