FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フォロートリートメントセミナー3回目
フォロートリートメントセミナー3回目に行ってきました。


今回は治療へのアプローチです。治療へのアプローチは大きく分けて2つあります。
1つめは感染症対策、2つめは補綴治療です。今回へ感染症対策について重点的に学
んできました。

感染症とは、ここではカリエス菌(虫歯菌)のことです。一般的に風邪などの感染症
は、体の免疫により、治療をせずにいても治ってしまうことがあります。しかし虫歯
は治らず、放置すればどんどん進行してしまいます。なぜでしょう?それは人の歯の
象牙質、エナメル質には血流がないからなんです。要するに風邪などの菌は体内に侵
入したとき、そこに血流があり血液中の抗体により抗原抗体反応がおき、菌を退治し
ます。しかし虫歯菌が歯の中に入ったとき血流がないため、抗原抗体反応が起きず菌
のすみかになってしまうのです。それゆえ、もし虫歯を取り残して上から蓋をしたら、
もっと活発になり虫歯の信仰を助長してしまいます。

それでは私達はどうしたらようのか?答えは1つです、完全に虫歯を取り除くことです。
しかし言葉では簡単でも虫歯にも色々種類があり真っ黒だったり、健全歯と同じ色をし
ていたりします。特に見極めが難しいのが同じ色をしている虫歯です。ここで使用する
のが、う蝕検知液やダイアグノデントです。う蝕検知液は虫歯でボロボロになったり、
軟らかくなった歯質を赤く染め出します、そこを削り落とし虫歯を除去する方法です。
そしてダイアグノデントは光を使い虫歯の深さを数値化し取り残しがないかを確認でき
る装置です。この2つを駆使して、う蝕除去をしていくことが大切になってきます。

今回勉強会で、歯のメカニズム、う蝕のとりかた、とりきれなかった場合の予後、とり
きるために使用する道具、その使い方など、治療で役立つ知識を得ることができました。

ほんまる歯科には、検知液もダイアグノデントもあります。これを駆使して、しっかり
う蝕をとり、その後の治療を進めていきたいと思います。

         

 歯科医師 鵜頭



スポンサーサイト
未分類 | 08:40:10