FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

# 金属アレルギーについて
ほんまる歯科医院 技工士の芦田風友乃です。

5月30日に朝日新聞にて金属アレルギーの記事が掲載されていました。

DSCF5355.jpg

記事によると、
2010年度に皮膚炎で病院にかかった人の内、約3%は金属によるアレルギーが原因だそうです。

ほんまる歯科では来院される患者様に、患者様からのご希望がない限りは、保険診療を行っております。
しかしながら、保険診療では前から4番目の歯から後ろの歯は金属による修復になってしまいます。
もし、患者様の中で金属アレルギーをお持ちの方は事前に受付か担当医までお知らせください。

メタルを使わない修復物や、貴金属を使用した修復物などの保険適応外の材料を用いた治療のご提案をさせて頂きます。

アレルギー体質の患者様は一度皮膚科などで調べてみるのもいいかもしれませんね。


スポンサーサイト
未分類 | 21:12:19
東京医科歯科大学 ポストグラデュエート
5月13日東京医科歯科大学のポストグラデュエートに参加してきました。タイトルは「現在、顎関節症はこう治す」、講師は日本歯科大学の原先生でした。

写真[1]


「顎が開かない、顎を動かすと痛い、顎を動かすと雑音がする、に代表される顎関節症の治療法も以前と比べて革新的に変化してきている。
顎関節症は、四十肩や腰痛と病態が似ていて、医科に準じた確定診断、治療法が選択されるべきである」と話されていました。

当院では、顎関節症の治療には不可逆的な治療法ではなく、保存療法を第一に選択するようにしています。と同時に、歯科衛生士が筋膜マッサージを施術し、患者様の顎、頚部の柔軟性、可動性を高めることによりつらい症状を緩和していく治療を行っています。この治療法は、顎関節症だけでなく、かぶせものや義歯を装着する患者様にも有効な場合もあります。

他の体の筋肉と同じで、口や顔の筋肉も普段からストレッチすることが重要なようです。                       


未分類 | 10:34:17
ガラスバッジ導入
近年日本では放射線の問題で不安や恐怖が広まっています。
皆様も被曝線量に不安をもっていらっしゃると思います。
しかし歯科治療において、レントゲンを撮ることは治療にかかせない
審査です。

そこでほんまる歯科医院では、被曝線量をとても抑えたレントゲン機
を導入しています。

(レントゲン機については同ブログ内 2012年2月7日「新規レントゲン撮影装置導入」の記事をご参照下さい)


さらに、ほんまる歯科医院ではガラスバッジを導入しました。
DSCF11111.jpg
ガラスバッジとは1カ月ごとに蓄積した放射線量を測る機械です。

これを付けることで、診療室内の日頃の放射線量を測ることが可能になり、
より一層患者さんの安全に配慮した歯科治療を行うことができます、患者さんも安心して治療を受けてもらうことができるようになります。

今後、1カ月ごとの計測結果を掲示し、そこから改善点を検討しこれからの歯科治療に役立てて行きます。
皆様の安全な歯科診療を心がけて行きます。

未分類 | 10:18:08

FC2Ad