FC2ブログ
 
■プロフィール

トピックスSTAFF

Author:トピックスSTAFF
医療法人社団 高歯会
ほんまる歯科医院
www.honmaru-dental.jp
さいたま市岩槻区本丸3-20-53
マミーマート岩槻店2F
048-749-6480

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月MTG
皆さん、こんにちは。
だいぶ昼間の日差しが暖かくなってきましたね。

本日は院内でMTGを行いました。
毎月あげられる議題の話合い後、今回はこんな事についてスタッフ皆で考えました。

最近ニュースでこの言葉を何度か耳にした方もいらしたかと思います。
「舌癌」についてです。

癌にも種類があり、自ら、見た目だけの判断はできません。
かと言って大学病院を定期的に受診する事ももちろん難しいのが現状です。
当院は地域の皆様の為にもっともっと努力をしていく必要があります。

また、当院では月に2回、東京医科歯科大学の医師が診療を行っております。
口腔外科の専門医による診療がほんまる歯科で受けられます。
少しでも気になる事がある方は、お気軽にご相談くださいね。





その後は実習の時間で、新しいホームホワイトニングの薬剤について受付と衛生士で情報を共有しました。
ホームホワイトニングとは、オフィスホワイトニングと違い、院内ではなくご自宅でホワイトニングをする事です。

ホワイトニングについては、疑問や不安を抱えていらっしゃる方も少なくないと思いますので、
少しでも患者様に分かりやすく、正確に、丁寧に、魅力をお伝えできたら幸いです☆




気になる方はいつでもスタッフにお声掛けください(。>ω<。)ノ




受付 齊藤


IMG_6191 (1)



スポンサーサイト
研修・勉強会 | 20:25:36
さいたま赤十字病院栄養治療診療連携セミナー
2月6日、さいたま赤十字病院栄養治療診療連携セミナーに行ってきました。
さいたま赤十字病院は、当院から口腔がんの精査依頼を行っている連携先病院です。
東京医科歯科大学の地域・福祉口腔機能管理学分野の古屋教授の「他職種と地域でつなぐ高齢者の栄養と口腔機能」がテーマでした。
歯を失ったり口腔機能が落ちてくると、かむ効率が悪くなって、栄養を摂るためにたくさん食べなければならないようになります。

thumbnail_IMG_1596.jpg




白米とおかゆのカロリー比



また、加齢により口腔機能が落ちてくるので、外来で歯科医院に通院できるうちに、最大限口腔機能(食べる、話す、笑う、飲み込む)などの機能を高めておくことが必要です。
そして、口腔機能が落ちてくると、脳卒中や認知症のリスクが高まることが論文で報告されていること、を学びました。
患者様の中には、外の看板が変わったことに気づかれた方がいらっしゃるかもしれません。
患者様が、ほんまる歯科に通院する目的は、食べる、話す、笑う、ことだと認識しています。
今後も患者様の食生活のサポートをしていきたいと願っています。

thumbnail_IMG_6146.jpg

歯科医師 東


研修・勉強会 | 10:06:19
ヨシダエンドセミナー

1月17日に上野で開催されたヨシダのエンドセミナーを受講してまいりました。
日本国内にとどまらず世界を駆け巡る寺内吉継先生による、世界における歯内療法の最新情報を聞くことができました。


今回のセミナーでは、歯内療法の治療の流れ、診査診断における注意点、CBCTやMTAセメントなどの有用性などを、実際の症例写真や動画などによりわかりやすく多くの事を学ぶことができました。

うる画像



よりよい治療をお届けできるよう今回学んだ事を生かし精進していきます!

歯科医師 漆原

研修・勉強会 | 12:02:18
第8回I.O.R特別講演会
12月9日、第8回I.O.R特別講演会に参加してきました。
皆さんは根っこの治療の際、実際何をしているのかと疑問に思ったことはありませんか?
根管治療はドクターサイドからも難しい治療の一つと言えます。
今回は歯内療法学で有名な澤田則宏先生と中川寛一先生の講演を聞き勉強してきました。

中川先生のお話は石灰化が処置にもたらすものということで、まず病的石灰化・生理的石灰化・処置に伴う石灰化の種類について学び、その後病理組織像を使ってミクロの範囲で実際の処置の際どのようなことが起こっているのか学びました。

澤田先生のお話では最新の歯内療法治療ということでニッケルチタンファイルの利点、歯内療法治療でCBCTを使用する利点、デンタルx線の読影方法、歯内療法専門医が根管充填の際どのようなシーラーを使っているのかを学びました。
澤田先生が実際に行っているマイクロでの歯内療法治療の映像を見せていただきニッケルチタンファイルでの治療の実際を学びました。
先生が何度もおっしゃっていたのは、歯内療法治療では根管を無菌状態にするのが何よりも大事ということでした。

今回のお二人の講演を聞き、日々の歯内療法治療にも役立てていきたいと思います。


鵜頭・手塚・連記


ブログ画像


研修・勉強会 | 11:34:33
第8回日本国際歯科大会(ワールドデンタルショー併設)
10月5日パシフィコ横浜で開催された日本国際歯科大会(ワールドデンタルショー併設)に参加してきました
4年おきに開催されている学会ですが、今年は歯周形成外科がとくに多い印象を受けます。
私は、歯周病治療、歯内治療、保存修復治療など、歯を保存するテーマに絞って受講する予定です。
本日は衛生士の浅野と一緒に、普通の歯周病治療と、歯周外科処置が必要な症例を判断する基準について学んできます。
学生時代に指導を受けた先生や、指導した後輩も発表しますので、挨拶をかねて受講してきます。
ブログ写真

なお、明日(10月7日)はスタッフ総出でデンタルショーに参加するため、休診になります。
患者様にはご迷惑をおかけしますが、スタッフたちと一緒に歯科材料や最新歯科医療機器について学んできます。
患者様により良い歯科材料があればなるべく早く臨床応用していきたいと考えています。
スタッフたちも準備をバッチリしてくれていますので、期待して待っていてください。

ブログ画像



研修・勉強会 | 10:58:36
次のページ

FC2Ad